読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【日記】写真を撮るということについて

こんなタイトルだけど別に写真を撮る上でのこだわりを語るとかそういうアレではないです。

むしろ「写真が撮れない」という悩み。

 

写真を撮るという行為が自分の中で習慣になっていないので、「おっ!」と思った一瞬にパシャリとやるということができない。

例えばちょっとお洒落な飲食店に入りお洒落な食事が出てきたとき。

例えばものすごく空の色合いが美しいとき。

例えば念願だった何かをゲットしたとき。

「よし、いっちょ撮っとくか!」という発想がなかなか出てこない。

 

「写真を撮る」って「何かオモシロイものがある=写真」という方程式が多少なりと反射として刻まれていないとできないですね。

私は本当に記録をつけることに向いてないな。日記だって「その日あったこと」というより「たまたまノートを開いたときに思いついたこと」を書いているし。日々の記録要素は15%くらいだ。日記なのに。

 

別に写真を撮れなくても生きていくのに支障はないものの、

・旅行に行って帰ってきたときカメラロールがスカスカでやや寂しい

・ふと思い立ってtwitterのアイコンを変えようとしたときにいい写真がない

・念願だった何かをゲットしたのでブログで喜びを綴ろうと思っても写真がない

みたいなことになって地味に困る。

別にSNSにガンッガン写真をアップしまくりたいわけではないけどスマホのカメラロールに新しい写真が追加されたのは1ヶ月前です、みたいなことが割とザラにあるので、それはそれで折角のこの2017年に寂しいなと。

私のスマホのカメラロールは覚えておきたいことのスクショやメモの写真ばかりだ。

インスタグラムにも実は登録しているのだけど、こんなんだから一向にアップせず放置状態が続いている。

 

さすがに「中学生の頃からLINEやってるのがフツー」みたいな年代には敵わないけど、それなりにスマホだ何だに触れてきているのにこの体たらくは何なんでしょうかね。

あらゆる状況で写真バッシャバッシャみたいなのもどうかと思うが、もうちょっと写真を撮る習慣つけたいなあ……。

 

twitterのアイコンを変えたいけどいい写真がないことが発端の嘆きでした。