読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書】ダークグリーン 佐々木淳子

 

 

 

電子書籍サイトで1~3巻無料キャンペーンがやっていたので久しぶりに読んでみた。

 

私が小学生の頃、祖父母の家にこの作品が置いてあったのでよく読んでいた。

全10巻なのだけれどもなぜか祖父母の家には7巻という絶妙なところまでしかなく、ずーっとラストがわからないままだった。

 

ちなみに今もまだ全巻読んでいない。記憶は7巻でストップしている。

 

簡単なストーリーとしては、

 

198×年12月20日、世界中の人間が同じ夢を見た。

その後も同じ世界観の夢を世界中の人々が見続ける現象が発生し、その夢は「R-ドリーム」と呼ばれるようになる。

「R-ドリーム」内で人類は「ゼル」と呼ばれる不定形の姿の敵と戦っている。「ゼル」との戦いなどで命を落とした者は、現実世界の肉体も死亡する。

現実では冴えない美大浪人生の西荻北斗は、ある日「R-ドリーム」内で謎の少年・リュオンに出会う。

「R-ドリーム」の中の人々は色々な姿を取っているものの、現実にきちんと本体がいて基本的には定期的に現実で目覚める。けれどリュオンは現実で自分が何者だったか覚えていないし、他の人々のように「R-ドリーム」から目覚めることがない。

北斗は「R-ドリーム」内でリュオンと行動を共にし、「ゼル」と戦う日々を送るが…。

 

という話。

環境汚染とか、戦争とか、そういった社会問題をガッツリ盛り込んだ硬派なSF。

 

子供の頃、この作品を読んで何が印象に残っていたかって、「R-ドリーム」の「夢っぽさ」だ。もっと言うなら「悪夢っぽさ」。

「R-ドリーム」は普通の夢とは違って、いわばもう一つの異世界のようなものだが、普通の夢と似たようなルール無用感がある。

象徴的だなーと思ったのが、かなり初期の頃のワンシーン。

主人公たちが空飛ぶ竜のようなものに乗って、上空からとある湖に向かっている。だけどいくらたっても湖にたどり着かない。やがて湖そのものが動いて逃げていることに気づいた主人公たちは、糸をくくりつけた矢を撃って、湖を縫い止める。で、湖に着くと、湖面には超巨大な矢が刺さっている。

すごく夢っぽいというか、現実のルールがグニャグニャに歪んでいる感じがする。

主人公たちの意識はハッキリしているので、「R-ドリーム」のムチャクチャな世界観に呆れたり驚いたりひどくまっとうなリアクションをする。

そのおかげで本物の夢のようなユルユル感はないのだけども、マトモな意識で悪夢の中に閉じ込められているというか、そんな雰囲気がある。(実際そういう話なんだけど)

なんつーか、この本物の夢っぽさが、子供の頃の私にはものすごく怖くて同時に魅力的だった。

 

あと、危機に陥ったときの描写が本気で悪夢っぽくて良い。

地下に閉じ込められて、とにかく上へ上へと天井を掘っていくけどずーっと同じようなフロアが続いたり。外っぽいところに出たのに天井が空っぽいだけの室内で、月のところから更に上に行けたり。水を飲もうと手ですくったら虫がウッジャーといたり。ガラスを破ったら水面が垂直になっていてそのままドボンしたり。

悪夢の怖さって、その状況から逃れるためのルールがわからない、もしくはない、ところだと思う。早く家に帰りたい、そんなときに現実ならタクシー使うとか電車に乗るとかいろいろある、だけど悪夢の中ではタクシーに乗りたいと思った瞬間道路は溶けて、電車に乗ろうと駅の改札をくぐるとなぜか学校に続いていたりする。「どうすればいいのか?」がわからない。その怖さ。

これがすごく魅力的だった。

 

本来この作品のテーマはもっと他のところにあると思うんだけど、「R-ドリーム」の夢ではない、だけど本物の普通の夢みたい、な雰囲気がすごく印象に残ってずっと覚えていた。

 

kindle版も出ているし、また買ってみようかな。

 

【香水】オーダーメイドで香水を作ってもらった

だいぶ前(今年の1月)の話になってしまって恐縮なのですが、Danceさんという香水をオーダーメイドしてくれるお店で香水を作ってもらった。

 

www.dance-kobe.co.jp

 

twitterでけっこう話題になっていますよね。

 

サイト内のフォームからネットオーダーも可能との事だったので、そちらから注文。

今回は普通に自分の情報を入れて自分用に作ってもらいました。

ちなみにリクエストは「大人っぽく上品で、清楚な香り」。

背伸びした中学生かよと言いたくなるような内容で申し訳ない限りだ。

 

オーダーしてからだいたい2週間くらいで到着。

 

f:id:mint-green-black:20170406115955j:image

 

香りを事前に知ることができないので、ハズレだったときのことも考えて小さい方のサイズ(10ml)でお願いしたところ、上の写真のようなアトマイザーに入って届きました。

このサイズ感の伝わらない写真よ。

液体は、私のオーダーしたものは無色透明でした。

 

商品と一緒に香調とイメージを書いた小さい紙も入っていました。

 

トップ:ベルガモット、ガーデニア、ネロリ

ミドル:ローズ、ジャスミン、ウォーターリリー

ラスト:ムスク、アイリス、サンダルウッド

★瑞々しさとしなやかさを併せ持つフェミニンフローラルの香り

 

だそうです。

清楚感がものっそい伝わってくる香調。

構成のほとんどがお花。

ウォーターリリーってのがまた良いですよね、清らかな感じで。

あとネロリがものすごく好きなので入っていて嬉しい。

 

たぶん好きだな……と半ば予想しつつ試してみましたが、やっぱり好きな香り。

主張の強くない、ホンワ~と柔らかなお花の香り。何となく水辺を思わせる。

ムスクのおかげか石けんっぽさもあり、清潔感も感じられる。

洗い立ての髪と服で、朝早くの川べりを散歩して花でも愛でているような、ほっとする爽やかなフローラル。

派手さとか、アピールの強さとか、パウダリーな感じとか、そういった要素がほぼないので、幅広い状況で使えそうです。

イメージとしては春と夏かなあ。ぽかぽか暖かい小春日和とか、夏の日の夕方とか。

形なら柔らかい円形。色なら紫がかった淡い青。というイメージ(どんなイメージだ?)。

 

 

商品に同封されている紙や、ボトルの後ろに貼られているラベルにナンバーが記載されていて、それを使うことによってリピートオーダーもできる模様。

使いやすい香りだしリピートしたい気持ちはある。値段もお手頃だし。

正直この手のオーダーメイド香水ってどんなもんなのか疑問且つ不安だったけど、思っていたより素敵な香りだった。

 

自分の覚書も含めたレポでした。

【日記】写真を撮るということについて

こんなタイトルだけど別に写真を撮る上でのこだわりを語るとかそういうアレではないです。

むしろ「写真が撮れない」という悩み。

 

写真を撮るという行為が自分の中で習慣になっていないので、「おっ!」と思った一瞬にパシャリとやるということができない。

例えばちょっとお洒落な飲食店に入りお洒落な食事が出てきたとき。

例えばものすごく空の色合いが美しいとき。

例えば念願だった何かをゲットしたとき。

「よし、いっちょ撮っとくか!」という発想がなかなか出てこない。

 

「写真を撮る」って「何かオモシロイものがある=写真」という方程式が多少なりと反射として刻まれていないとできないですね。

私は本当に記録をつけることに向いてないな。日記だって「その日あったこと」というより「たまたまノートを開いたときに思いついたこと」を書いているし。日々の記録要素は15%くらいだ。日記なのに。

 

別に写真を撮れなくても生きていくのに支障はないものの、

・旅行に行って帰ってきたときカメラロールがスカスカでやや寂しい

・ふと思い立ってtwitterのアイコンを変えようとしたときにいい写真がない

・念願だった何かをゲットしたのでブログで喜びを綴ろうと思っても写真がない

みたいなことになって地味に困る。

別にSNSにガンッガン写真をアップしまくりたいわけではないけどスマホのカメラロールに新しい写真が追加されたのは1ヶ月前です、みたいなことが割とザラにあるので、それはそれで折角のこの2017年に寂しいなと。

私のスマホのカメラロールは覚えておきたいことのスクショやメモの写真ばかりだ。

インスタグラムにも実は登録しているのだけど、こんなんだから一向にアップせず放置状態が続いている。

 

さすがに「中学生の頃からLINEやってるのがフツー」みたいな年代には敵わないけど、それなりにスマホだ何だに触れてきているのにこの体たらくは何なんでしょうかね。

あらゆる状況で写真バッシャバッシャみたいなのもどうかと思うが、もうちょっと写真を撮る習慣つけたいなあ……。

 

twitterのアイコンを変えたいけどいい写真がないことが発端の嘆きでした。